答え? あぁ食べちゃった。

高校時代からブログ初めて、気付いたら社会人になっていました。過去の内容はオタク全開ですが、気にしない。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/25(Fri)

'09 X'mas SS(種D)

「さあ、出来たわよ」
 テーブルの上には、出来立ての料理が並んでいる。
 ナイフとフォークは三人分用意されていた。
「ギルバートを呼んできて頂戴、レイ」
 タリアは笑顔で声を掛けた。
 レイは幼子の様な笑顔でそれに答え、部屋を出た。
 パタパタパタ、とリズム良く階段を上っていった。

「ギル、ご飯が出来ましたよ。下りて来て下さい」
 ドアの前で扉を叩きながら、レイは言った。
 ガサガサ、と音がしてからギルが答えた。
「すまない。ドアを開けてくれないか?」
 レイがドアを開けると、大きな荷物を抱えたギルバートが出てきた。
「ありがとう、レイ」
 二人はタリアが待つリビングへと向かった。

「「メリークリスマス!!」」
 乾杯をして、三人は食事を始めた。
「レイ、宿題は済んだのかい?」
「年明けは何をしましょうかしら?」
 三人はとても楽しそうに、話をしていた。



「……」
 シンは目を覚ました。
 傍らには、ルナマリアと、幼いわが子が眠っていた。
「そうか……。レイは幸せなんだな」
 シンは呟いた。
 あの忌まわしい戦争により、シンはレイを失った。
 クローンとして産まれたレイ。彼の笑顔なんて、数える程しか見た事が無い。
 ずっと「レイは幸せだったのだろうか?」とシンは考えていた。
 生きている間はわからなかったが、空の上でレイは幸せに暮らしているのだろう。
 シンの心は晴れた。
 朝になったら、ルナマリアにも話してみよう。
 シンはもう一度目を閉じた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://iihitosuteki.blog5.fc2.com/tb.php/1074-602613f0

プロフィール

瓜生 日月

  • Author:瓜生 日月
  •  え~っと…瓜生 日月「うりゅう かづき」です。介護士をやっております。
     オタクというか、腐女子というか、その様な類の人間です。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。