答え? あぁ食べちゃった。

高校時代からブログ初めて、気付いたら社会人になっていました。過去の内容はオタク全開ですが、気にしない。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/03/22(Tue)

委員会の思い出

 今日妹が卒業文集を持ってきました。(ちなみに妹は明日、小学校の卒業式です)早速見せてもらった所、とある先生のはなむけの言葉に「?」と思い、自分の卒業文集を。そしたらその先生は四年前の卒業文集にも同じはなむけの言葉を書いていた事が発覚。私と妹は大爆笑してしまいました。タイトルは違いましたが。

 卒業文集なので、小学六年生の時の作文が載っています。妹のはパソコンで印刷されたもので、一人半ページなのですが、私のは手書きで一人一ページでした。
 「っか私、字汚いし」など思いつつ読んでいると、私のが他の人のものとテイストが違い、密かに受けていました。読みたい方はRead More...
委員会の思い出

東瓜 日月


「あぁ。もう三年も同じ委員会に入っているんだなぁ。」
 委員会のことを考えると、いつもこう考えます。同じ委員会とは、「園芸飼育委員会」のことです。
 四年の時…担当はT1先生でした。
 当番は。月ごとで、七月と一月で、六年生三人組の班に入れてもらいました。
 四人のハズなのに、いつも一人でやっていて、八時までには終わらなかった……
 最初の一年は、こんな感じでした。
 五年生…担当は、T2先生で、この年は、同じクラスの人もたくさん入ってきて、そのうち何人かの人とは、同じ六月当番になりました。この時は、まだ月ごとでした。
「今年は、みんなで、できるだろうな。」と思いました。実際、みんなでできたのですが、にわとりと遊んでいて、帰ってこない人がいて、少々困りました。
 後半、当番は、曜日ごとになり、火曜日当番になりました。四、五、六年生がごっちゃ混ぜになりました。曜日ごとになると、みんな、きちんとやるようになりました。
 六年…担当はY先生で、今年は、I君といっしょで、同じ月曜日当番です。あと、四年生が四人いて、最初は、「ちゃんと来てくれるかな。」と不安でしたが、四年生はちゃんと来てくれます。
 園芸飼育委員会は、春、夏、春休みに、にわとりやインコの世話をしに、学校へ来ます。
 私は、しょっ中、妹を連れて学校へ行き、世話をの手伝いをしてもらいます。だれもいない時は、すごく役に立ちます。
 最初、私は、園芸がやりたくて、この委員会に入りました。でも、飼育ばっかりで、「ここは、『飼育委員会?。」と思いました。
 しかし、この委員会は、すごくやりがいのある委員会です。
「にわとりをさわらせて下さい。」と、一年生が来てくれて、とても楽しい委員会でした。


 突込み所満載ですよね(笑)まず「、」が多い。今は何故か意識的に減らそうとしているので、読むと非常に読みにくい文章になっているのですが、昔は点が多くて今読むと笑えます。
 次に「貴女は人をなんだと思っているのか?」と言う事です。まずI君「四年生はちゃんと来てくれます。」ってI君は来なかったのかよ。っか同じクラスなんだから誘えよ、っう訳で。しかもI君は学校の来るのが滅茶苦茶早いし、四年生のうちの一人はI君の弟だった訳ですし。あと妹。「だれもいない時は、すごく役に立ちます。」おーい。妹をなんだと思っているんだ?まぁ、私ですから。こう思うのもしょうがない事ですが。
 あとは平仮名が多いなぁと。これは昔は漢字を知らなかったと言うだけの話でしょうが、「しょっ中」ってさ…。微妙だよ。
 終わり方も気に入りません。これは小六の時も感じていた事なのですが、マス目が足りなくて、変な終わり方になっちゃったんですよ。直したい…。もっとましな終わり方にすればよかった…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://iihitosuteki.blog5.fc2.com/tb.php/16-6951fe56

プロフィール

瓜生 日月

  • Author:瓜生 日月
  •  え~っと…瓜生 日月「うりゅう かづき」です。介護士をやっております。
     オタクというか、腐女子というか、その様な類の人間です。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。